育毛方法 > 育毛に悪いこと

育毛に悪いこと

育毛を考えた場合に、やってはいけないこと、育毛に悪影響なことはどんなことでしょうか。

第一に「睡眠不足」です。

睡眠不足から体調不良になったり、食欲もなくなったり十分な栄養が取れません。

それによって皮膚も乾燥し、毛髪に元気がなくなってきます。

それらの弱くなった毛髪はシャンプーやブラッシングすることで抜け、新しい毛が生える栄養もありませんから、薄毛の進行となります。

ドライヤーの熱も毛髪を痛めますので長時間の使用は控えたいものです。

朝などの時間のない時のシャンプーは、早く髪を乾かすためにドライヤーの熱を高温で使う方もいると思います。

それが毎日続けば育毛に良いはずがありません。

パーマも髪を傷めます。

パーマは最初に髪の毛のタンパクを分解して、それからカーラーを巻き、そして毛髪に違った形を付けるという作業です。

ダメージを考えますと育毛にはパーマは掛けないのが一番よいのです。

次に紫外線です。

現在はオゾン層が破壊され、地球に届く紫外線の量は昔よりずっと多くなりました。

ご存知のように紫外線は肌や髪に大きなダメージを与えます。

頭皮の日焼けには特に注意しましょう。

夏だけはなく一年中、紫外線対策をしてください。

タバコも育毛にはNGです。

タバコを吸うと血液の流れが悪くなります。

せっかくバランス良く栄養をとっても、血行が悪かったら頭皮まで栄養を運べません。

頭皮の細胞が生き生きと働いてこそ、育毛、発毛につながるのです。

頭皮を不潔にすることもいけません。

洗髪をせずにほっておくと、皮脂、汚れなどで、毛穴が詰まります。

詰まった毛穴は、発毛や育毛にはほど遠くなります。