育毛方法 > 柑橘類による育毛効果

柑橘類による育毛効果

育毛、薄毛には、現在、とてもいろいろな育毛剤が販売されています。

中には刺激の強いものもあるでしょう。

育毛を考えたら肌に優しいものを選びたいですね。

そんな方も多いのでしょうか天然素材のものは人気があるようです。

昔から育毛、薄毛の薬として多く利用されてきた、センブリ、ニンジンなどのグリチルリチン酸、ミカン、イヨカン、甘夏柑の果皮エキスを配合して保湿性を高めた製品が人気になっているようです。

女性は男性と比較して、頭皮が弱いと言われていますが、そんな女性にも安心して使えますね。

大昔から柑橘類の皮は育毛、薄毛に効果のある成分が含まれると言われてきました。

ある研究で、柑橘類の皮の部分には発毛に重要とされている毛乳頭細胞を増殖、促進させる数種類のアミノ酸を含んだ良質たんぱく質のペプチドが発見されています。

そして育毛、薄毛には、亜鉛も栄養分として必要不可欠であるといわれています。

髪の毛はたんぱく質でできていますが成分はケラチンです。

亜鉛がないとたんぱく質はどうなってしまうでしょう。

実は合成していくことができなくなります。

その結果、抜け毛が増え、発毛に障害が起こるなど髪のトラブルが発生します。

亜鉛は髪だけでなく、たんぱく質を骨や筋肉、臓器の組織に変る絶対不可欠なものです。

そしてその亜鉛を効率よく吸収するために必要なものは、ビタミンCとクエン酸です。

早い話、レモンなどのかんきつ類をかけて食べれば吸収率が高いくなるわけですね。

育毛には、亜鉛と柑橘系の関係がとても重要だということになります。