育毛方法 > 若いころからの薄毛

若いころからの薄毛

育毛を考えるためにはまず薄毛についてどのような病気かを考えて行かなければなりません。

老年性脱毛症という言葉があります。

人は60歳を超えると、男女問わず、髪の毛を含む体毛が薄くなります。

これは老人性脱毛症と呼ばれています。

老化現象の一種と言えるでしょう。

老年性脱毛症は頭部全体に渡り毛髪の減少があります。

進行には個人差があると言うことですが、男性型脱毛症を併発することが多々あり、主に40~50代からハゲることもあります。

壮年性脱毛症は若年性脱毛症とも言われ、男性の大半は年齢と共に多少なりとも毛量が減少していきます。

前頭や後頭部に現れます。

これらを男性型脱毛症と呼び、これは正常な生理的現象であるので、病気としては扱われないのが事実です。

40~50代くらいからの薄毛の悩みは生理的現象や老化現象の初期段階なので気にする必要もありませんが当事者には悩みの種でしょう。

男性型脱毛症が始まる年齢はいくつぐらいからなのでしょうか?

人によってまちまちであり、生活習慣に大きく影響されると言われています。

早ければ10代の後半から始まる人もいます。

そして20代までに始まる男性型脱毛症を壮年性脱毛症と呼び、区別することがあります。

いわゆるこれが「若ハゲ」です。

若い若くないというのは個人の主観だという現代。

自分の薄毛が他人の目にどのように写るのか?不愉快ではないのか?

という心配が出てきたら、それが年齢に関係なく「若ハゲ」なのかもしれませんね。

その心配が育毛、発毛に努力するきっかけになるわけです。