育毛方法 > 悪性脱毛症

悪性脱毛症

悪性脱毛症とは円形脱毛症のなかの一種です。

この病気は最初、円形脱毛から始まります。

そしてそのうちに髪全体から症状が現れてきます。

眉毛、まつ毛、ひげ、陰毛などに及んできます。

最後には、ほぼ全身といっていいほどの、すべての毛が抜け落ちてしまうことがあるという脱毛症です。

通常では脱毛症という病気は、抜け落ちた部分が一定の大きさになると、自然に脱毛が止まります。

そしてその後、育毛に向けての再活動を始めるようになっています。

これは2~3ヶ月から長くて数年で自然に治癒に向います。

ですが悪性脱毛症という病気は数年過ぎても、一向に毛が生えてこない場合もあります。
そして脱毛症を再発し、悪いことにそれを繰り返すことがあります。

円形脱毛症の中でもなぜにこれは悪性と呼ばれるのでしょうか。

人間は免疫を持っており、自分の体内に細菌や異物の侵入が感知されると、これをすぐさま攻撃します。

同時に排除する役割を持つのが「免疫システム」です。

それらがストレスによって、または様々な原因によって、自律神経のバランスを崩すと、それによって伝達系組織に支障をきたすようになります。

結果、「免疫システム」は正常な動きが出来なくなるのです。

正常な動きが出来ず暴走してしまった免疫システムは、育毛の基盤である毛母細胞を、なぜか体内に進入してきた外敵として認識してしまいます。

そして良い細胞であるはずの毛母細胞を誤って攻撃してしまうことになります。

これは通常、頭皮への栄養補給が遮断されることで受けるダメージよりも、もっと強く、短期間で毛母細胞を傷つけます。

それにより脱毛となり、発毛、育毛から遠ざけます。

免疫システムにより何度も攻撃された頭皮の毛母細胞は、結果、ついに壊滅状態となります。

そして激しい脱毛を起こします。

攻撃が止まってから、そのまましばらくすると発毛するようになっていますが、またもすぐに攻撃にされて脱毛が繰り返されることになるのです。

そして最後には髪は生えてこなくなり育毛から遠ざかります。