育毛方法 > 育毛の妨げになる物質

育毛の妨げになる物質

育毛成分が含まれるアイテムには様々なものがあります。

生薬成分が配合されている育毛アイテム。

そのアイテムのポイントは、まず第一に、なんといっても体にやさしいということです。


性型脱毛という言葉から時折、誤解されますが、男性型脱毛の問題は、毛が抜けること自体ではなく、ヘアサイクルの短縮化が原因のひとつといわれています。

毛髪が十分な成長を遂げず、途中の段階で退行期に入ってしまうのです。

そして、このヘアサイクルがさらに短くなって薄毛になる。

これが男性型脱毛の本質です。

なぜヘアサイクルは短くなっていくのでしょう。

大手メーカー資生堂の研究から、その原因物質がTGF-β2というタンパク質であることが発見されています。

これは特別なタンパク質です。

男性ホルモンは毛乳頭細胞に働きかけ、TGF-β2の産生を盛んにし、産生されたTGF-β2は、直接、毛母細胞に働きかけて育毛を停止させます。

最後には育毛の基盤である毛母細胞に自ら細胞死を引き起こさせ、発毛、育毛しきれない途中段階で後退期に入らせるのです。

研究では退行期への過程にあるその組織切片を作成し、それらを免疫染色したところ男性型脱毛者の毛球部の周囲には脱毛の原因となるタンパク質、TGF-β2が沈着してくることがわかりました。

同じように組織を培養して観察すると、TGF-β2を入れておいたほうは、毛母細胞が急速に増殖をストップさせ、それらが退縮していきました。

またその一方で、TGF-β2の作用を抑える薬剤を投与しておいたほうは、しっかりと成長を続けていました。

資生堂の不老林ライブアクトはこのような実験結果を元に育毛の妨げになるTGF-β2の作用を押さえる成分を配合しています。